曲げ加工について

曲げ加工とは図に示すようにV型のダイの上に板材を乗せ
上からパンチで押して任意の角度に板材を変形させる加工です。
曲げ加工は板金加工の工程において重要な工程です。
複雑な形状の製品の場合この曲げ加工をいかに旨くやるかによって
製品の出来具合が決まると言っても過言ではありません。

我々が製作してる板金加工の製品は立体的なモノです。
平面の板材を曲げ加工して立体的な製品にしていきます。
この時、立体的な製品を展開した展開寸法というのは
素材や板厚によって大きく影響されます。

例えば右のような曲げ加工を行う場合、板取り寸法Lは
A+B+Cにはなりません。
平板を曲げると板厚も中立面を境に外側は伸び内側は縮むためです。
展開寸法は、この中立面を基準に行わなければなりませんが、
中立面は板厚と曲げ半径によって 移動しますので試し曲げをおこなって
データーを取ることが 望ましいです。
実際の展開長は、曲げる外形寸法の和よりも短くなります。
つまり、1回曲げることに板が延びる事になります。
この伸び寸法は材質と板厚とダイのV幅によって変わるので、
そのデータを各社で取って置く事が必要です。

ゆえに展開長は外形の合計から曲げた回数分の伸び寸法を
引いてやれば良い事になります。
よって右上の製品の展開寸法LはSPCC板厚が2.3tの場合
伸び寸法を4と仮定すると 、展開長Lは

L=A+B+C−4.0×2

となります。

曲げ加工はベンダーで行います。