溶接について

溶接とは、2つ以上の金属あるいは非金属材料を局部的に接合させることであって
接合部は一般に何らかの形で加熱されます。
まず溶接法は下図のように分類します。




まず溶接方法の全体を把握するために大雑把な分類を説明します。
1.融 接
金属の接合部を局部的に融解状態にして接合させるもので普通は圧力を加えません。
アーク溶接は、この中の代表的なものです。
2.圧 接
加熱した接合部に(ときには加熱しない場合もある)圧力を加えて
結合させるものを言います。
3.ろう接
接合しようとする金属(母材という)は溶かさないで接合部の隙間に
母材より溶ける温度の低い金属または合金(これをろうまたは半田と言います)
を溶かし毛管現象を利用して隙間に浸透させて結合させるものです。

当社で良く使われている溶接方法は下記のようになります。

   1.炭酸ガスアーク溶接

俗に半自動溶接と言います。SPC製品の殆どがこの溶接法です
コイル状にしたワイヤーを溶接部に自動供給しワイヤーと母材の間にアークを出し、
その周りにに炭酸ガスを流し溶接します。
ソリッドワイヤーを使う方法とフラックス入りワイヤーを使う方法があります。

2.被膜アーク溶接

俗にアーク溶接と言います。厚板や強度が必要な製品に使われます
フラックスを散布した被膜アーク溶接棒を使い交流または直流溶接電源を使用する溶接法です。
フラックスは目的に応じて沢山の種類がありますがその目的は

(1)アークを安定させる
(2)ガスを発生させて大気から融解池を保護する
(3)融解金属を精錬する

など様々な役目を果たしています。

3.ティグ(TIG)溶接

ステンレス、アルミの溶接に使われます。
タングステン電極と母材の間にアークを出し周りにアルゴン、ヘリウムなどの不活性ガスを流し溶接します。

4.ミグ(MIG)溶接

ステンレス、アルミの溶接に使用されます。
シールドガスにアルゴン、ヘリウムなどの不活性ガスを使用する以外は炭酸ガスアーク溶接と同じです。

5.ガス(酸素−アセチレン)溶接

薄い鉄の溶接に使用されます。
酸素−アセチレン炎(約3200℃)で母材、溶加棒を溶かして溶接します。

6.スポット溶接

上記の溶接方法とは異なり、圧接による溶接です。
接合する板と板に圧力を加え高電流を流すことにより発生する熱で接合します。
溶接による歪みの発生が少ないのが特徴です。